格安スマホにすると実際いくら節約になるの?

SIMロックなし端末(SIMフリー端末)というのは意外と安い


SIMロックがかかっていない端末というのは、非常に安いです。

 

平均すると約3万円ぐらいになります。

 

 

通常、ドコモ、auなどで購入すると、約7万~8万は端末代にかかります。
しかし、ほとんどの人は、8万円もする端末を購入したという意識はあまりありません。

なぜかと言うと、

通常、端末については、割賦(かっぷ)で購入、つまり分割で買っているからです。

 

分割で買っていますから、8万円の家電製品を買ったという意識は薄れています。

 

SIMロックがかかっていない端末、平均価格3万円

大手携帯会社SIMロックあり端末、平均価格8万円

 

それぞれ、同じ2年間の分割払い(24回払い)をすると、

当たり前ですが、8万円のものを買う方が毎月の支払金額(ランニングコスト)が多くなりますね。

 

 

通信契約SIMも安くなっている。

各社、競争の原理が働いているため、
通信契約SIMについても価格競争が起こり安くなっています。

 

大手携帯会社の決められた通信契約SIMしか使用できないというのと、

安い通信契約SIMを好きに選んで使用できるのでは、

どちらが月々のランニングコストを安く出来るかというのは、火を見るより明らかでしょう。

 

下記に、大手携帯会社の一般的な料金プランの比較を載せていますので、参考にしてみてください。

例えば、上記の料金比較表で、

 

一番安く料金を、おさえたとしましょう。

 

あんまり通話しないから、かけ放題プランはいらないや⇒基本料金980円のプランで、

パケットも、あんまりネットしません⇒2Gの3500円にしても、4780円ですが、

これに、端末代をプラスすれば、上記の例で月々3330円だとすると、合計金額8110円!

 

あまり、電話かけない人や、そんなにインターネット使わないよという方が、

8万円もする端末必要ですか?

 

また、もしですよ、

その毎日の生活の中で、

何かのきっかけで、インターネットをガンガン使うようになってしまった。

スマホで、色んなお店を検索したり、お買い物をしたり、電子書籍や動画サイトを見れるとなれば、

ついつい長時間使用するようになりませんか?

 

となると、はたして2Gで足りるでしょうか?


けっこう悩ましくなりませんか?

 

それでは、格安スマホに変えた場合、毎月の支出金額はどうなるのか。

格安スマホに変えると、どうなる?

あくまで、一例ではありますが、

 

SIMロックなし端末、SIMフリー端末が、29,800円(税抜き)だとします。

 

これを、24回分割支払、割賦で購入すると、月々の支払金額が、1,241円になります。

 

この端末にセットして使用する通信契約SIMを、(これもピンからキリまであるのですが^^;)

 

なんと!

ネット使い放題(パケットの2Gとか8Gの制限が無い)に加えて、

通話も付いている通信契約SIMがありまして、

これが2,980円。(※SIMにより通話が付いていないネットのみという種類もあるのです)


このようなものが、一番お得感がありますので、2,980円のSIMにしましょう。


そうすると、

端末代月々1,241円+SIM2,980円=合計4,221円

 

なんと、毎月4,221円でスマホが利用できてしまうんです!!

 

しかも、大手携帯会社だと、パケットの制限があって、

 

かけ放題プランと一番大きい通信量(10G)と、

端末代を合わせると月額14,330円(上記料金比較表より)

 

格安スマホにすると、パケットの制限が無く、端末代合わせて月額4,221円

 

約10,000円もの差があるんですよ!


あくまで今回のは一例です。


また、

何も、ネット使い放題の2,980円のSIMでなくとも、

制限を例えば3G、1,580円。

5G、1,980円

などにすることで、毎月のランニングコストは、もっともっと安くできます。

 

つまり、

自分のスマホ使用頻度、生活スタイルによって、
自由自在にSIMを選んでアレンジすることができるのです。

携帯キャリアの様々な制限に縛られることなく、

自分スタイルでスマホを活用し、月々高額なランニングコストに悩まされないようになる。

 

このように格安スマホで、大きく節約をすることができるのです。